個人授業科

大学院受験
担当講師: 所長(旧学院長)

授業準備: ご希望の教材を指定してください
  • 既出問題を教材として希望される場合は、コピーを郵送あるいは Fax してください
授業内容: 初回に、まず英語で自己紹介していただきます
  • 自己紹介でお話しになられた話題と内容について担当講師がいろいろ質問します
  • できるだけたくさん話しながらお答えください
自己紹介につづく、本授業内容は受講者の大学院における希望専攻科目により異なります
  • 英語あるいは語学教育・言語学などの専攻を希望される受講者については、教材(既出問題)にもとづいて多面にわたりご指導させていただきます
  • 語学以外の専攻を希望される受講者についても、教材にもとづきご指導させていただきます
    • お断り
      1. ただし、当学院でご指導できる範囲は実用英語の範囲内での「英語」にかぎります
      2. その他の専門分野についてはご指導しかねますのでご容赦ください
語学関係の専攻を希望される場合
語学関係以外の専攻を希望される場合
 の2項目に分けて授業内容を説明させていただきます

語学関係の専攻を希望される場合
  • ご指導できる具体的内容は次の通りです
    1. 実用英語の国際基準の概要
    2. 音声関係の解説
    3. 英語で書かれた論文の解説
    4. 英語で書く小論文の指導
  • ご希望の科目をお聞かせください
  • その後の進行につきましては、担当講師の指示にお従いください
語学関係以外の専攻を希望される場合
  • 通常、長文の英文和訳が多いため、次の過程で授業をすすめてまいります
  • これ以外の進行方法につきまして、ご希望をお聞かせください
ご自分でなされた和訳の文章を口頭でお聞かせください

和訳文を聴きながらその日の授業方針を決定いたします

解説・講義を始めます
  • 解説・講義の主たる目的は次の通りです
    • 要旨の把握
    • 構文の把握
    • 知的で、かつ分かりやすい日本語であるかどうか