個人授業科

英検一級二次対策
担当講師: 所長(旧学院長)

授業内容: 初回に、「英検一級二次を受験するための心がまえ」について講義をおこないます
  • 合格するにはどのレベルの英語力が必要であるかを体系的に解説します
  • 目標とする英語スピーキング力の内容を、具体的に把握しておきましょう
次回(あるいは初回後半)より、次の手順で授業をおこないます

スピーチのテーマを5題かいたカードを手渡します
5題の中からテーマを1題選択して、1分間考えてください
1分後にベルをならしますから、スピーチをはじめてください
2分間スピーチをしていただきます
2分経過したところで、ベルをならします
担当講師がスピーチの内容について英語で質問します
質問に答えてください
さらに質疑がありますから、すべて英語で応答してください
質疑応答が終わったところで、担当講師よりコメントあるいは小講義があります
10 重要なコメントあるいは小講義です。しっかり耳を傾けましょう
11 受講者がおこなったスピーチは清書して次回提出してください(添削してお返しいたしますが、詳しくは次の項目()をご参照ください
12 1−10の手順で、スピーチおよび質疑応答をそれぞれ新しいテーマで2−4回くりかえします。ただし、当初は2−3回のくりかえしとなるものと思われます

清書・提出されたスピーチの原稿の処理については、次の手順をお守りください

13 添削してお返しいたしますが、当初は1−3案ご自分で再考していただくテーマを指定してお返しいたします
14 指定されたテーマについて再考した後、さらに清書して提出してください
15 再考された結果が不十分であれば、担当講師は添削後、さらにテーマを指定します
16 さらに再考をくわえ、清書して提出してください
17 受講者がおこなう全てのスピーチについて、この手順による添削がおこなわれます
18 担当講師より「合格」という判定がおりるまで、この手順で原稿の後処理がおこなわれることになっています

 この手順でこれまで多くの方々が英検一級に合格されてきました。