学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969



質問139 初めまして。ぜひとも、お聞きしたいことがございます。When will it be ready? に対する答えですが、I'll be ready in half an hour. とテキストに書いてあったのですが、It'll be ready half an hour.sic] でなくてもいいのでしょうか。it を主語として聞いているのだから、it を主語として答えなくてはいけないと、思うのですが、どうでしょうか。
 日本語では主語を省くことが多いため、英語における主語の重要性にどうしても疎(うと)くなる傾向にあるのが私たち(英語からみれば)外国人です。会話をしながら、いろいろ注意しなければならないことが多いなかで、何を主語にして話すべきか。これは大変重要なことです。大変重要な点に関心をおもちであることに感激しているところです。

 英語において主語とは、文の構成上、文の「焦点」ともいうべき重要な要素です。
  • ただし、音調tone)という概念においては、「意味上の焦点」として、高調(The High PitchThe Main Stress)をつけて音読する強形語に焦点が移行するため、本回答においては上記のとおり、〈文の構成上〉と表現しています。
 結論からいうと、ご質問にある疑問文の主語は it です。この人称代名詞(it)が何をさしていっているのか、この場合よくわかりませんが(ご質問136参照)、いずれにせよ、it であることにかわりはありません。つまり、it あるいは it がさすものがこの疑問文の焦点(focus)なのです。

 人称代名詞(it)が焦点であるため、答えには人称代名詞(it)を焦点(主語)として答えるのが基本です。

 でも、質問に答える話者がそのとき(context)の判断で文の焦点を変えて答えることもあるということも考えておくといいですね。

 When will it be ready? / I will be ready in half an hour.

 という会話があったとすれば、質問に答える話者がその場の状況(context)から判断して文の焦点を it という人称代名詞から I という人称代名詞に変更して会話したのです。どこにも問題はありません。でも、だからといってむやみやたらに文の焦点(主語)を変えて会話しないようにしてくださいね。理由(context)があって焦点(主語)を変更するわけです。明確な理由なく、焦点を変えることがあってはなりません(というと語弊があるのですが……)。(とにかく)ご注意ください。
  • 〈というと語弊がある〉について、本当は少々の間違いはかまいません。主語がどうあれ、とにかく言いたいことをいってください。相手の方は理解してくださいます。間違いを恐れず、まず、話すことからはじめましょう。
 ところで、上級(場合によっては超級)というレベルのお話を少しばかりししておきましょう。

 昔、学校時代に能動態と受動態について学習したことがあります。態の使い分け。これは上級において大変重要な課題です。なぜ、受動態を使うのでしょう。受動態には大きく分類して、
  1. 焦点の移動
  2. 能動態で主語をいうと文の意味がおかしくなる
  3. 能動態で主語をいうことにより、話者自身の責任回避、あるいは聴者への直接的批判を避ける
という3つのうち、いずれかの理由で受動態を使用します。このなかで、1番の「焦点の移動」に注目しておきましょう。詳しくは各種文法書で研究していただくことにして、このように文の「焦点」とはきわめて重要な課題であるわけです。今後とも、いろんな面に関心をもちつづけながら、英語の学習におはげみください。

 また何かございましたらお便りください。楽しみにお待ちしています。今回はご質問ありがとうございました。
(西田)
事務局よりちょっと一言
いろいろなご質問を e-mail でお寄せいただきありがとうございます。
学院長は毎日、たくさんの授業を受け持っておりますので、なかなか皆さまのご質問すべてに即お答えする時間がございません。
少しずつではありますが、このコーナーをおかりして回答させていただきますのでご了承ください。
未回答質問集を準備しています。左のアイコンをクリックしてください
ご質問は左のアイコンをクリックしてください
(日高)