学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969



質問156  日本語と英語の Yes, N0 の返事の仕方に違いがあることは、「Yes は 肯定文の前に No は 否定文の前に」ということで理解しているつもりです。しかしNHKの英語番組の中で、
 A: "It doesn't take so much time to..." 
 B: "Yeah.(その後は忘れましたが「時間がかからない」ことに同意しているのは明らかでした)" 
 というのがありました。時間がかからないことに「そうだね」というなら "No" になるのではないのですか。
 同様の疑問を、映画を見ていて感じたことがあります。そのときも
否定の文章に同意するのに "Yeah" を使っていました。よろしくお願いします。(鎌倉市、K.I.)
 「同様の疑問を、映画を見ていて感じたことがあります」ということですが、よくお気づきになったと感心しています。今後とも、そういった細かいところにも気をつかいながら映画をお楽しみなるよいですね。すばらしいことだと思いました。
 ところで、たしかに正しくは、
 A: It doesn't take so much time to.... 
 B:
No. / No, it doesn't.

 であって、決して、
 A: It doesn't take so much time to.... 
 B: Yes. / Yes, it doesn't.

 ではありません。
 ところが、informal conversation では、
 A: It doesn't take so much time to.... 
 B: Yeah. / Yeah, you're right. / Yeah, I see your point. It certainly doesn't take so much time, does it?
 など、Yeah という副詞で始めることが多いのです。ただ、このときの副詞には Yes という正式な副詞を使用なされないでください。informal な会話を行っているわけですから、Yes というきちんとした副詞で応答されますと聴者のほうで一瞬混乱が生じてしまいます。そのため、Yeah という informal register に属する副詞をご使用ください。
 今回はご質問ありがとうございました。また何かございましたらお便りください。楽しみにお待ちしています。
(西田)
事務局よりちょっと一言
いろいろなご質問を e-mail でお寄せいただきありがとうございます。
学院長は毎日、たくさんの授業を受け持っておりますので、なかなか皆さまのご質問すべてに即お答えする時間がございません。
少しずつではありますが、このコーナーをおかりして回答させていただきますのでご了承ください。
未回答質問集を準備しています。左のアイコンをクリックしてください
ご質問は左のアイコンをクリックしてください
(日高)