学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969



質問180
 質問173で西田先生から丁寧なアドバイスをいただいた者です。今年の目標の一つだった工業英検1級に合格しました。先生からのアドバイスの中で「超級を目指している以上、超級とはどのようなレベルであるのかというのをしっかり研究し、さらに超級を目指すと同時に大切なことは、上級の勉強を忘れないこと」という言葉をいただきましたが、国際基準の超級、上級のご案内を再度読み返してみて、上級の勉強の大切さを痛感しました。超級の前に上級をクリアーしていない自分がいました。簡単に超級を目指すと書いてしまった自分が恥ずかしいです。
 スピーキングが弱いと前回も書きましたが、「自分の考えを自由に且つ論理立てて明確に述べることができる」ようになるためには、私は英字新聞、英字週刊誌(WEBのThe Economist)の速読、音読を継続し、自分の意見を発表する機会があれば積極的にチャレンジしようと思っていますが、先生はこれまでにそして現在も特別に何かなさっているのでしょうか。[また]近々、先生の著書の出版予定はございますか。(京都府、K.S.)
すごい試験に合格されたのですね。それはそれは、おめでとうございます。

ところで、「速読、音読を継続」なさっているということですが、それもすばらしいことです。できることは何でも、どしどしなさってください。速読では、各段落内において、その段落の the main idea
を述べている文はどれであり、さらにはその文(これを the topic sentence とよんでいます)を支える文(これを英語では supporting statements, supporting details とよんでいます)はどれとどれであるかを読みとる練習をなさるとよろしいでしょう。これが上級への道です。どうぞよろしくお願いいたします。

私は、もう早いもので40年近く、実用英語を教えてまいりました。今も教えています。すべての方々に上級および超級の英語を指導させていただいています。K.S.さんも、もしご希望であればお知らせください。

出版したい本はいろいろあるのですが、まだ手をつけておりません。内容が、ついついむずかしくなるため、それを一般的に読んでいただくためにはどうすればよいか思案中であり、その思案中という期間がついつい長くなっているのが現状です。

今回の回答は、お勉強になることがあまりなかったかもしれません。でも、これに懲りず、どうか続けてお便りください。いつもお便りを楽しみにお待ちしています。今回はお便りありがとうございました。
(西田)
事務局よりちょっと一言
いろいろなご質問を e-mail でお寄せいただきありがとうございます。
学院長は毎日、たくさんの授業を受け持っておりますので、なかなか皆さまのご質問すべてに即お答えする時間がございません。
少しずつではありますが、このコーナーをおかりして回答させていただきますのでご了承ください。
未回答質問集を準備しています。左のアイコンをクリックしてください
ご質問は左のアイコンをクリックしてください
(日高)