学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 677, 2003

『英語は仮定法だ』開拓社より出版
西田透学院長の醍醐味を堪能できる本


 『英語は仮定法だ(西田透著)が店頭に並んでまもなくのある日、事務局に一本の電話が。
 「『英語は仮定法だ』を買って読みました。すっごいですね。この先生の授業を受けたいんですが、広島なので…。通信もあるんでしょうか」
 …まだ興奮さめやらぬといった弾んだ声の持ち主は、英語、とくに受験英語を教えている、と話される若い男性です。
 同名の初版『英語は仮定法だ』(石風社)が出版されたのが1995年。完売後、仮定法の本
が欲しい、というたくさんの方の声にも、学院長は増刷するお気持ちはなく、初版のものとは少しだけ切り口の違う新しい仮定法の本を執筆されたのです。出版までの間、学院内で授業に使う分だけをESC出版より少数製本。そしてついに、『英語は冠詞だ』に続いて開拓社からの出版となったのです。
 今回の本では、日本全国で仮定法そのものが、正しく理解されていなかったこともあり、直説法と仮定法について基礎から説明が施されました。さらに上級および超級になるためには欠かせない仮定法の実用例、微妙な感情表現の方法など、未踏の分野についてわかりやすく解説。授業中の西田学院長の声がきこえてきそうな一冊です。もう一度、精読してみませんか? 広島の男性のような感動がよみがえるかもしれません。
(R.H.)
(文責:日高)
office@esc-tn.co.jp