学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 733, 2004
TOEFLが変わる
次世代
TOEFLテスト(NGT)ってなに?
=Next Generation TOEFL=
2005
9月導入予定
 TOEFLの試験が変わります。運営団体ETS (Educational Testing Service) によると、2005年9月より新形式の試験、Next Generation TOEFL (NGT) (=次世代TOEFLテスト) を導入予定。このテストには speaking section が取り入れられ、reading、listening、writing、speaking の4技能を総合的に組み合わせた、まさに実用英語力がものを言う試験に様変わりするようです。
次世代TOEFLテストとは……

 4つのセクションから構成され、合計4時間程のテスト内容となり全セクションを通してメモを取ることができるようになります。
 スコアは技能ごと・トータルスコアの両方が出され、web によるスコア通知も予定されています。
 これまでと同様のセクションにもそれぞれ新形式の出題が予定されていますが、ここでは全く新しい speaking セクションについて概要をお知らせします。
Speaking セクションの概要

 身近な事柄・アカデミックな内容・リスニングと組み合わされた内容の3部門で各2題、計6問。
 短い英文を読み、さらに学生同士の会話や講義の一部を聞いたあと質問に答える問題など、実際の状況で、しかも短時間で的確に答える能力が必要になってきます。
TASTspeaking セクションだけの試験を体験できる

 TAST (TOEFL Academic Speaking Test) は、上記スピーキングセクションだけを体験できる新たなサービス。公式スコアとしての利用は出来ませんが、テストの内容を把握したい方はネット上から申し込むことができ、実際のテストは電話を通じて行われます。(US$30.00で決済にはクレジットカード必要)
詳細以下のサイトをご覧ください
http://www.ets.org/toefl/nextgen/
http://www.ets.org/test/index.html
※最新の試験日程表は学院内の掲示板をご参照ください。
(R.H.)
(文責:日高)
office@esc-tn.co.jp