学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 745, 2004
努力でつかんだ英検一級合格!
おめでとうございます

Ann
個人授業科
 2004年度夏の英検で見事一級に合格された Ann(ESC名〓写真)、 おめでとうございます。実はこれが二次試験最後のチャンスでした。しかも、「絶対落ちてると思い、通知を開けずにいたんです。そしたら一ヶ月半ほど経って何やら大きな封筒が。おそるおそる開けてみるとなんと合格証書。もう、嬉しいというより信じられなくて。しばらくは、何かの間違いじゃないか
って思っていました」とのエピソードも今でこそ笑い話ですが、当のご本人にすれば、「七転八倒の末の合格」とあり、感無量のご様子です。
 ご自宅で英語を教えていらっしゃった Ann は、「教員免許も古くなってるし」と、英検準一級を取得されたのが10年前。その後こつこつと独学を続け昨年一級一次に合格。
 「以前から西田先生の冠詞と仮定法の本を読んでいて、この先生ならしっかり教えていただけるんじゃないかと駆け込んだ」個人授業はかなり厳しい内容だったようです。 
 「短期間でしたが、生涯で本当にまじめに勉強した2ヶ月でした。提出した作文は何度も不合格。お台所仕事をしている時も文の構成を考えていたし、書いては破り書いては破りと、夜中の2時3時まで机に向かっていました。今思うと、これまでの学習では、イヤなところは見ないできたんですね。先生から弱点を指摘され、あまりの情けなさに愕然としましたが、自分で考えて考えて、苦しんでやっていってこそ力になるんだ、と実感しました。先生から作文で合格をもらったときは本当に嬉しくて涙が出ました。先生の言葉で今でも心に残っているのは、英語が話せる、話せないということはその人の人格とは関係がないということと、相手の立場に立って会話をすること、という2点です。本当にすばらしい先生にめぐりあえてよかったと思っています」と、生き生きとした瞳で語ってくださいました。
 ほんとによかったですね。おめでとうございます。
(R.H.)
(文責:日高)
office@esc-tn.co.jp