学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 771, 2005
大学に入り、司法書士になりたい!
Maria(英検準一級科)
 「まだ準一級科の授業に入る前の段階だと思うので、みんなについていくのが精一杯。宿題するだけで終わってしまい、なかなか自分で考えてじっくり勉強できないのが悩み」とおっしゃる Maria(ESC名〓写真)ですが、授業とは別に「文法ノート」で英語の基本からの復習に力を入れていらっしゃいます。 
 「できたら来年、大学に行こうかと考えているんです。本当は今年行く予定にしていたんですが…」実は Maria、将来は司法書士の資格
を取ることを計画中で、みんなが集まって勉強できるシステムのある通信制の大学を探しているのだとか。
 「大学に行けなかったので、自分で行けるようになった今、子供が出来るまでは自分のやりたいことをしたい」と、動機指数はかなり高めです。
 ご出身の佐世保では、高校時代に2年間、米軍ベースに通って英語を習われたという Maria。「クリスマスやパーティーなど楽しい思い出がよみがえってきますが、英語はかなり忘れてしまってます(笑)。当時は英語の実力テストで学年で2番だったりしたこともあったんですが、今思えば、単語を覚えるにしても、その単語だけを日本語で覚えていたから忘れるのも早い。結局、身についてなかったんだなと思います。今は、授業で出される宿題のように、文章にして覚えるようにしているので、最初の頃に比べると、だいぶ覚えてきたかなって思います」とのこと。
 リスニングの宿題は通勤電車の中、宿題は出勤前…と、お仕事と家事とで忙しい中での学習ですが「会話のクラスにも入りたい」と意欲満々です。継続して学習すれば必ず成果は出るもの。がんばってくださいね! Maria!
(R.H.)
(文責:日高)
office@esc-tn.co.jp