学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 783, 2005
LH終了! 「すごく楽しかった!」
Susanプロフェショナルコース・日本語教師)
 「楽しくて楽しくてしょうがなかった」これがインタビューの第一声です。「やりたくてやりたくてたまらなかったの。でも、ほかにもする課題がたくさんあるから週に5個までって自分で決め、抑えてたけど6ヶ月が過ぎた頃、ええい、もうやっちゃえっ!て、好きなだけすることにしたの」というわけで LH (Listennig Homework) をとうとう終了された Susan (ESC名〓写真、
Newsletter 760)。努力をたたえ、西田先生から記念のカップが贈られました。おめでとうございます。
 LHを進める上で気になったのが punctuation だそうで、punctuation のテキストを見たり授業中に西田先生がおっしゃったことを考えながら書いて提出しても、“はずれ”のことも。採点の対象にはならないのですが、そうして集中して進めるうちに「ポーズ」や「抑揚」から見えてくるものもたくさん出てきたそうです。
 後半では一回で合格されることも多く、ペースはどんどん上昇。実際、ニュース英語などは以前に比べかなり聞き取れるようになったという実感も得られるようになったということで、改めてLH効果を再確認。
 「夏休みの2週間でLHの内容をさっと復習したら、次は発音カウンセリングに集中したい。発音カウンセリングもリスニングとの相乗効果があるんですね。抑揚とか強弱がいかに大切かわかったし、聴き取りにくい微妙な音もわかるようになってきた」とは嬉しいお話ですね。
 日本語教師である Susan は、西田先生の授業は Susan が授業される上でも大変勉強になるそうです。「英語を知れば知るほど日本語もわかってくる。西田先生の日本語の知識のすごさに驚きますね。英語をきちんと知るには日本語もきちんとしておかなきゃ、って西田先生を見てるとつくづく思う」とのこと。言葉を学ぶって奥が深いですね。
(R.H.)
(文責:日高)
office@esc-tn.co.jp