学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 795, 2005
宮崎から転勤でESC受講のチャンス
John(英検一級科・宮崎県福岡事務所所長)
 宮崎県庁の福岡事務所所長として、今春、福岡に赴任されたJohn(ESC名〓写真)。肩書きはお堅いですが、宮崎の温かみをまるごと持ってこられたような印象です。思いがけない転勤の直前に通い始められた宮崎のNHKカルチャーセンターの講師に「せっかく福岡に行くなら西田先生の学校に」と勧められ、迷わず入学されたそうです。
 「さすがに、英語に必要な、話す・聴く・書く・読
む、全てを教えてもらっているなと感じますね。それに西田先生は英語力はもちろん、指導力も含めて、すごいですね。こんな先生はめったにいないんじゃないかと思いますね」
 ESCでの宿題は、自主課題も含めて毎週必ず提出。ほかにも英字新聞を読んだり、それまで宮崎でもお続けだったNHKのラジオ講座は今でも午後10:30〜11:15まで毎日欠かされません。
 「私の年代では文法中心の教育だったので、リスニングには苦労してます。少しでも聴く訓練になるかなと思ってやってます」とのこと。
 さて、現在のお仕事では直接英語を必要とするわけではないそうですが、「英語をやる以上はやっぱり目標があったほうが励みになるので、英検一級をめざしてます。また部署が変われば英語が必要な状況に直面する可能性もあるし。それに、福岡という海外への利便性が高い所にいるうちにどこか出かけたいと思っているので、がんばってますよ」とのこと。でも、海外旅行での会話などは全く問題ないはずです。流れるように話されますからね。
 「福岡はいろんな面で刺激を受けます。街そのものもですが、宮崎ももっと国際化が進むといいなと思いますね。そうなると、それに対応して教育も変わるでしょうから。」宮崎の国際化も John の手で推し進めていただきたいですね。
(R.H.)
(文責:日高)
office@esc-tn.co.jp