学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 810, 2006
通訳案内士試験が変わりました
英検一級で英語筆記試験免除
 日本を観光で訪れる外国人に付き添い、英語などの外国語で日本を観光案内するのが通訳案内業。語学力のみならず、日本の地理、歴史、産業や政治経済、および文化などに関する幅広い知識と教養が必要です。このたび通訳案内業法の改正に伴い、2006年度から「通訳案内業試験」は「通訳案内士試験」に名称が変わるほか、試験免除の条件も以下のように追加・変更されます。
試験免除
(願書提出時に該当する証明の書面を添付して申請)
(1) 2005年度の筆記試験に合格し、口述試験に不合格だった方または欠席者は、2006年度の筆記試験が免除されます。
(2) すでに通訳案内業試験に合格した方が、他の外国語による同試験を受験する場合、外国語以外の科目の筆記試験が免除されます。
(3) 実用英語技能検定1級(英検1級)の合格者は、外国語(英語)の筆記試験が免除されます。
(4) 総合及び国内旅行業務取扱管理者試験の合格者は、筆記試験のうち日本地理が免除されます。
(5) 歴史能力検定の日本史1級、2級の合格者は、筆記試験のうち日本歴史が免除されます。
※なお、2006年度から、筆記試験のいずれかの科目で合格点を得た場合、次年度の当該科目の筆記試験が免除されます
試験日程
願書受付 5月22日(月)〜6月23日(金)
試験日 9月 3日(日)(一次試験)
(合格発表11月17日(金))
12月3日(日)(二次試験)
試験に関する案内その他詳しい情報につきましては国際観光振興機構サイトhttp://www.jnto.go.jp/info/にてご確認ください。願書は各都道府県観光担当課にて配布されています。
(R.H.)
(文責:日高)
office@esc-tn.co.jp