学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 815, 2006
ESC初の快挙!
2ヶ月半で「考える英語」終了!

Randy 英会話専科 )
 テーマに基づいて英語でレポートを書くという自主課題「考える英語」を、何と2ヶ月半で全部終わられたRandy (ESC名〓写真)。これはすごい記録です。多くの場合、途中で提出されなくなることが多いのですが、Randyは出席のたびに2個、3個とまとめて提出、多いときは5個という時も。
 「僕の場合は“考えない英語”ですから(笑)。質にこだわると一枚も書けなくなるので」と、完了する極意
(?)を披露してくれましたが、一冊をやり遂げたということに西田先生も目を細めて拍手です。「次のはないんですか?」と、一冊では飽き足らない Randy ですが、大学入試に備え、他の課題をしていただくことになった次第です。
 そう、Randy は現在受験生なのです。「受かるとこに行くとか、適当に大学を決めたくなかった」という Randy には、研究したい分野があり、現在は自分できちんと勉強中なのです。だからこそ毎日1個書けたのかもしれませんね。
 「歴史とか考古学、遺跡に興味がある。中東やイタリア、イギリスなどの壮大な遺跡を研究したい。それには絶対に英語が必要になると思う」。小さいときにお父様に連れられて行った旅行先で遺跡や歴史的遺産を見て回ったことが影響しているようです。
 さて英語の話ですが、昔ESCの生徒さんだったお母様(Marjory)のすすめでESCに。「授業は楽しい。今まで中学とか高校でやってたのと全然違うので。発音(抑揚)の違いで意味が変わるとか、聞いたこともなかったし。いつかしゃべれるようになれるかなって、楽しみもある」と、まだESC歴2ヶ月半ですが結構よくしゃべっている Randy です。ピアノ教師のお母様の影響か、最近またピアノを始めたそうですが、月に一度はソフトチームの試合にも参加、あとは読書や The Japan Times のスポーツ欄、5月から始めたバイトと一日50時間ほどもありそうな有意義な生活の Randy です。
(R.H.)
(文責:日高)
office@esc-tn.co.jp