学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 817, 2006
留学あらかると
 「留学」と一口に言ってもその形態はさまざまです。ESCの生徒さんの約半数が留学経験者ですが、留学で得たものを着実に仕事に生かされている方、留学がまさに人生を変えたという方、あるいは留学は楽しい思い出という方など、留学の成果も人さまざまです。
MBA(Master of Business Administration)取得
社会人の方に多いのがMBA取得を目標とした留学。実務経験を生かして経営学を学び、帰国後は企業でエキスパートとして活躍。ESCからは銀行・証券・鉄道など勤務先から派遣留学。入学時は厳しいTOEFLのスコアや電話による英語テストなどが課せられ、留学中も授業やレポート提出などなかなか大変なようです。
専門分野の更なる探求のため大学院留学
仕事の専門分野の内容をさらに深く研究するため、その専門に強い大学院などに留学。ESCからは大学や高校の先生・研究所の研究者・医師・弁護士など専門職の方が多く留学されました。当然、現地での研究には高度な英語力が要求されます。中にはこのまま主婦で終わりたくないと、単身渡英された方も。
語学留学
英語を話せるようになりたい、という目標で英語圏の語学学校に入学するもので、気軽に楽しめる。なぜか帰国後ESCに入学される方が多いですね。
専門学校・短大留学
若い人に多いのが、特技を伸ばすための留学で、ダンスやファッションなど好きなことをさらに極めるための留学。高校または大学修了後に渡る方が多く、TOEFLのスコアよりも実技が重視される傾向にあるようです。ESCからは野球・ロック・演劇などで留学。情熱が一番の要素かもしれませんね。
交換留学
大学が提携している海外の大学に留学する交換留学は、ここ数年で大幅に増えました。大学内で行われる選抜試験に合格することが必要で、単位互換制により帰国後に学年が遅れることなく進級できる。ESCからも多くの大学生が巣立っていかれました。
(R.H.)
(文責:日高)
office@esc-tn.co.jp