学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 824, 2006
英検一級合格! おめでとうございます
Barbara (二次対策個人授業科・専門学校教師)
 「ここに来てなかったら絶対だめだったと思います」と、合格通知を持って喜びの報告にいらしてくださった Barbara(ESC名〓写真)。
 「ほんとに駆け込み寺です。厳しいとは聞いていましたが、授業を受けて、厳しいのは当然だと思いましたね。こんなにも分析して的を得た説明をしていただいたし、本当に勉強になりました」と、今では笑顔で振り返る余裕も。
 「受講中は何度もスピーチ原稿の書き直しをさせられ、四六時中、どう書いたらいいか考えてました。夢まで英語で見るようになったんですよ。でも書き直すことで考えがまとまり、余分なことは排し必要なことだけをきちんとまとめられるようになったと思います」と心から嬉しそうです。おめでとうございます!
 試験では「中国の成長が今後どのような影響を与えるか」というテーマを選択。「何度もライティングを出すうちに「考える」習慣がつき、それがスピーチを組み立てるのにつながったと思う。西田先生の教えられることはほんとにすごいなと思います。ネイティブの感覚だし、助動詞の使い方などとても勉強になりました。また周りのネイティブの同僚にもすごく甘えていたんだなと実感しました」とのこと。
 さて、以前は高校の英語教師だったBarbara、退職後にカナダの語学学校とイギリスCambridgeで英語教授法を学ばれた経験もお持ちです。
 帰国後は企業で、海外赴任される人を対象に英語指導。現在では専門学校で、ホテルなど仕事で使う会話や英検、TOEIC、入社試験の英語対策などを担当されています。「久しぶりに学ぶ立場になって、生徒の気持ちがわかるような気がします」とも。
 「一級に合格したことで、次のステップへの自信につながります」とさらなる目標がおありなのか、常に向上心を絶やされない姿勢は、専門学校生にも刺激となることでしょう。ますますご活躍ください!
(R.H.)
(文責:日高)
office@esc-tn.co.jp