学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 827, 2007
何年か後にラジオでお会いできたら
Angela (英会話専科/英検準一級科・西南学院大2年)
 今春3年になられる Angela(ESC名〓写真))は早くも就職活動にお忙しいのです!というのも、なりたい職業がはっきりしており、今の時期から調査や情報収集をしておかないと、エントリーが解禁される3年の10月になってからでは遅いのだとか。
 希望はラジオのパーソナリティー。「アナウンサーと違って、その人の個性が表面に強く表われる。自分はこうだよ、というのを聴取者の
方に聴いて欲しい。そのためには自分にしかないものをもっていなくちゃいけないし、人生経験もこれからどんどん積んでいかなきゃいけないと思っています」と語る Angela、さすがにたくさんの「好き」をお持ちです。音楽はもちろん、一人でも飛び込むことがあるというグルメでもあり、好きだから職業にはしたくないという服の世界、バッグや靴までいつもとってもおしゃれなのです。
 英語も Angela にとっては自分磨きのひとつです。「将来ラジオで曲の紹介をする時には、西田先生から習った発音できちっと言いたいし、英語ならあの子がいる、といわれるような光るものを持ちたい」。なるほど。だからすごくがんばれるのかも。大学でも英語専攻ですが、「みんなの前でスピーチをする時など、ここ(ESC)で訓練しているので失敗を恐れず積極的に発言できるようになった。何よりも英語に対する考え方が変わった」とも。
 「以前は受験のためでしかなかったけど、今では実践をまず考える。こういう時にこういう表現をするんだ、と会話のクラスだけでなく準一級の授業でさえ実践力重視の内容なので奥ではつながっていると思う」お父様の強いすすめでESCに入られたのは正解だったようですね。いつの日かラジオから Angela の声が流れることを楽しみにしています!
(R.H.)
(文責:日高)
office@esc-tn.co.jp