学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 841, 2008
アメリカ留学決定! もうじき出発!!
RandyBusiness Communication/通訳養成コース)
 ワシントン州への留学が決まった Randy (ESC名写真、Newsletters 815, 822) は、いよいよ年末に出発とありとても生き生きとしています。未知の世界への不安どころか、「楽しみなだけ」だそうで、待ち受ける大量の勉強についても「今は勉強したくてたまらないんですよ」と能動的。
 「思えば15才から21才(現在)まで、とくに目標がなかった。わがままなのかもしれないけど、やりた
くないときにやれといわれてもやる気が起きなかった。どうも日本の教育は苦手で。英語は全くの受験英語だったので嫌いだったし。いい悪いじゃなく、合う合わないの問題だと思いますが、今はちゃんと目標もあるし、知りたいことも山ほどある」。と意欲的。結果としていいモラトリアムの期間となったようですね。
 それにしてもESC在籍の1年8ヶ月で、かなりの伸び率を示した Randy。自主課題の「考える英語」「リスニング」「発音カウンセリング」に加え、基礎からはじめた英文法、それに相当な回数の英語スピーチと、それだけの努力があってこそなのでしょうね。「ここ (ESC) での英語は受験英語と全然違って楽しいので」自然とがんばれたのでしょうか。西田先生も「最初の頃とは全然違う。自信がついたようだ。仮定法も上手に使えるようになったし、これから向こうでグンと伸びるよ」と楽しみなご様子です。留学先を決めるにあたっての交渉をすべて自分で済ませた Randyですが担当の米国人の方からも英語をほめられるほど。ホームステイ先も肌にあうところを自分で選択、早くもメール交換を。
 「アメリカに行くと好奇心の対象が変わるかも知れないけど、イタリアやギリシャ、チェコ、トルコなどの遺跡や美術について知識を得たい」小さい頃から本好きとあり知識欲は貪欲です。アメリカで勉強する Social Science とはとても底辺が広そうですが培った英語力でどんどんこなしていってください。応援しています。
(R.H.)
(文責:日高)
office@esc-tn.co.jp