学ぶなら本格的正統派ESC Since 1969


Volume 847, 2009
英検1級合格おめでとうございます
Joan(高校教諭・大学院生・個人授業科)
 「英検一級は取りたかったですね。合格できて嬉しいです」と大喜びのJoan (Newsletter 770)。おめでとうございます! 高校の英語教師で現在は大学院生のJoan(ESC名各写真)、ESCではかつて英検1級科や Challenge++ に在籍されており、今回は二次試験の訓練に個人授業を受けられました。
 「19歳の時に準一級に受かり、その後大学卒業後すぐ一級を受けたのですが、全然歯が立たなくて。これは勉強しないと、と思ってました」その後、英語教師として生徒に接するなかで、「生徒
から"先生は何級?"と聞かれると、やっぱり一級もってるよ、と言えないのは寂しいし、みずから難しい勉強をしてると生徒にも励みになるかなと思って」と、お忙しい中、遠く勤務先の八女高校から通われていたのです。でも西田先生は兼ねてから「Joan はすぐ受かるよ」とおっしゃっていましたからさすがJoan。
 「でもESCに来るようになって、一級よりもっと上があること、その先を西田先生が見せてくれるので、たとえ一級に合格してもまだまだ道は長いと思っています。まだまだだよ!って、西田先生じゃないとできない、そういう世界のことを時には厳しく教えていただくことは、すごい力になっています」。だから現在も通信でパラグラフライティングを受講されているのですね。
 また、現在は高校を休職され福岡教育大学大学院に通われていますが、「難しいですね。文献読むのも苦戦しています。高校で教えるのにはそこまで専門性は必要ないのかも知れないけど、一生終わらないことがあるっていいですね。退屈しなくて。大変ですけど」
(R)
(文責:Rita)
office@esc-tn.co.jp