所長の横顔
所長とのE-対話
通信教育科
Newsletters(受講生の声)

特別発音カウンセリング
音調
ご説明


これは文字通りESC独自のプログラムです
大げさではありません。
誰も真似ることのできないプログラムです

西田透所長(旧学院長)が、メールにて
一人ひとり個別に発音を指導するプログラムです

通信教育科で受講されることも可能です
(お問い合わせください)

音調について、少し説明しておきましょう
  • 発音発声抑揚をまとめて音調(Tone または Tone of Voice)といいます。国際基準(OPI)超級レベルの演習です

ここから少し複雑になります。
  • 発音(Pronunciation)とは、狭い意味と広い意味の2つで解釈することができます
  • 狭い意味の発音とは、ふつう一般にいう発音のことです
  • つまり、単語一つひとつの発音のことです
  • 広い意味でいう発音とは、ここで取り上げようとする音調のことです
  • 発音発声抑揚をまとめて音調(Tone または Tone of Voice)といいますといったときの発音は、狭い意味でいったときの発音のことです
  • ここでいう発音とは、狭い(一般的にいう)意味での発音ですから、発音についてはここまでにしておきましょう
  • 発声(Stress/Enunciation/Articulation)とは、むずかしい理論はさておき、感情の移入(Incorporation of Emotions)のことです
  • 優しくいわなければならないときは優しくいう
  • 感情にあわせた発声(=感情移入)をおこなう
  • 抑揚(Rhythm and Intonation/Contours/Pitches)とは、むずかしい理論はさておき、文の意味を決定する重要な役割をもつものです
  • 「文の意味」といっても、ふつうは、いわゆるのことを文の意味と思っている人が多いようです
  • 実用英語の世界では、いわゆる訳は「文の意味」ではない、というところが一般的には理解しがたいところかもしれません
  • 詳しくはさておき、特別発音カウンセリングでは、主として意味と抑揚の関係を重視しながら演習していただきます